ライフスタイル

  • 家族と
  • 街と
  • 眺めと
  • グルメ スポット

家族と、街と、眺めと。駅近・海向きのこの地だからこそ叶う、都市と自然を同時に手に入れるライフスタイルへ。

新鮮な喜びをもたらす、海辺の暮らし

大蔵海岸公園/約900m

今朝、目覚めて、部屋の窓を開けた。
海から届く爽やかな風に、
季節が変わったのだと知った。
穏やかな瀬戸内の海が朝陽に煌めいている。
清々しい空気に包まれた、
いつもの朝の風景から始まる、一日。
さあ、今朝は釣りに行こう。
ここの釣り場にはフェンスがあって安全だから
女性や親子連れも多い。
家族みんなで行くことも増えた。
今朝は脂の乗ったアジが多く釣れたから、そのまま朝食に美味しくいただこう。
日常の些細な感動で、一日が楽しくなってくる。
明日は海沿いにジョギングにでも行こうかな。

毎朝、早起きをする。気持ちのいい風が暮らしを包んでいく。

image photo

午後のひと時、駅前まで歩いていく、ゆったり贅沢に。

image photo

散策気分も満たしてくれる、彩りある駅前

ピオレ明石/約580m

神戸の都会に慣れ親しんだ私が、
地元の明石に暮らすことに決めたのは、
何よりも明石の海が好きだからだけど、
それだけではない。
親元に帰るたびに再開発が進んでいく「明石」駅前。
大きな商業施設に、おしゃれなショップやカフェ、
レストランなどが増えて、街が一気に洗練された。
子供を「パピオスあかし」の広場や一時保育に預けてママ会しているママ達も増えた気がする。
さて、今日はゆっくりと駅前でショッピングをしようかな。

リゾート感覚を堪能する、優雅なひととき

明石港展望広場/約570m

私はやっぱり明石の海が大好きだ。
特に夕方は魅力的。
夕景に染まる淡路島の雄大な姿と
金色に煌めく水面。
時とともに変わりゆく空の色。
行き交う様々な船舶の船影。
ついつい眺めていたくなる、海の景色が広がる。
涼しくなってきたし、明石海峡大橋を眺めに、
大蔵海岸まで散歩に行こう。
そして、もう一つ大好きなのは、
バルコニーで海を見ながらワインを片手に夫婦で過ごす、贅沢な時間。
たまには友人家族を呼んでバルコニーでパーティを開いたり。
その時、私たちだけのリゾートフルなバルコニーは、
友人たちをもてなす、至上の空間になる。

魔法の時と呼ばれる夕から宵へ。深まる人生がある。

image photo

神戸・阪神間 おすすめスポット/古民家をリノベーションした隠れ家カフェ

カフェ ヴィアレッタ

元々建築関係の仕事をしていたオーナーが、築100年は経とうかという古民家を改装してオープン。明石駅から至近の場所にあるにも関わらず、路地にあるため、周辺は静かな雰囲気。センスよくまとめられた店内も、ほっこりと落ち着ける空間になっています。提供しているメニューも、店内と同じくこだわりの詰まったもの。地元兵庫県産の食材を多く使って作られるフード、専門店にオーダーしているオリジナルブレンドのコーヒーなど、どれもとびきりの味わいを楽しませてくれます。高校生から80代の常連さんまで、幅広い年齢層に愛されているというのも納得のくつろげるカフェですよ。

モーニング(フル)700円は、フレンチトーストにサラダ、コーヒーか紅茶が選べるセット。パンが半分のハーフは500円です。カリッ、フワッの食感がたまらないフレンチトーストは、はちみつがぴったり。

●住所/明石市東仲ノ町11-8  ●電話/078・201・4356
●営業時間/9:00〜18:00、日曜・祝日10:00〜  ●定休日/不定休
●アクセス/JR、山陽明石駅より徒歩2分
●ホームページ/https://ja-jp.facebook.com/caffe.vialetta/

神戸・阪神間 おすすめスポット/いろいろな味が楽しめる! 手作りマフィン専門店

No.123

2012年4月のオープンから今年で丸5年を迎えたアメリカンマフィンの専門店。使用するバター、砂糖は国産のみ、フルーツやさつまいもなどの食材もできるだけ神戸近郊のものを使うなど、こだわりを持って作られる自家製マフィンが、常時15種前後並んでいます。定番は10種ほどで、それ以外は季節のフレッシュな果物を使ったものなどをラインナップ。カウンター5席のイートインスペースには、女性はもちろん、男性の一人客も数多く訪れるんだとか。2017年6月からは、これまで行っていたケーキ教室に加え、料理教室もスタート。マフィン+αの魅力を加えて、これまで以上に多くの人に愛されるお店になりそうです!

いちご、りんごなどのフルーツ系のほか、チョコチャンクやブルーベリークリームチーズなど、いろいろな味が楽しめます。なかには、きんぴらごぼうなどの惣菜系も。焼き上がり時間の関係で、12時から13時ごろが一番多くマフィンが並んでいるとのこと。焼き立てはもちろん、生地が落ち着く翌日もおすすめです。

●住所/明石市本町1-4-15  ●電話/078・911・3361
●営業時間/10:00〜17:00※売切れ次第終了  ●定休日/木曜
●アクセス/JR明石、山陽明石駅より徒歩5分
●ホームページ/http://ameblo.jp/muffinandmore/

神戸・阪神間 おすすめスポット/いくらでも食べられる! ふわふわの明石焼き

たこ磯

魚の棚商店街内にある明石焼き(玉子焼き)のお店。平成元年のオープン以来、その味わいが評判を呼び、毎日多くの人が訪れる人気店となっています。卵をたっぷりと使う生地は、ふわふわでやわらか。カツオと昆布からとったほっこりとした味わいの出汁につけていただくと、いくらでも食べられます。こちらでは通常のたこが入ったもののほか、穴子入り、穴子とたこのミックスもラインナップ。茶碗蒸しのような味わいが楽しめるという穴子入りは、ぜひ一度食べてみたいところです。店頭では持ち帰り用も常時焼かれているので、イートインの行列があっても、待たずに買えるのもうれしいですね。

玉子焼き15個700円。店内ではもちろん焼き立ての熱々を提供。そのままで、出汁をつけて、さらに卓上に置かれたソースを使うなど、いろいろな味が楽しめます。穴子入りは15個で900円、たこと穴子のミックスは15個1,100円になります。

●住所/明石市本町1-1-11  ●電話/078-914-5103
●営業時間/10:00〜19:00  ●定休日/なし
●アクセス/山陽明石駅から徒歩3分

神戸・阪神間 おすすめスポット/魚の棚商店街の人気イタリアン(明石)

イタリアンダイニング ロッソ

一年中新鮮な魚が豊富な明石の観光スポット、魚の棚商店街に2014年移転オープンした人気イタリアンがこちら。オーナーシェフは地元出身。明石をメインに近郊で水揚げされた魚介類を使ったピッツァやパスタ、アラカルトメニューが豊富にラインナップされています。飲み放題付きのコースも用意されるなど、幅広いニーズに応えてくれますよ!

明石タコのピッツァ980円。ボイルしたタコを載せ、石窯で焼き上げた人気No.1の一品。グラスワインは600円から。

●住所/明石市本町1-4-20 魚の棚商店街  ●電話/078・917・0333
●営業時間/17:30〜23:30(LO23:00)  ●定休日/木曜(祝日の場合営業)  ●席数/20席
●アクセス/JR明石駅、山陽明石駅から徒歩3分
●オフィシャルページ/http://rosso2006.com